ピアノの発表会

b0156762_1622019.jpg


オーダー受けていたイラストが仕上がりました。
楽しかった~w
何かを作り上げるって、その過程も楽しいし、
それを誰かのもとへ届けるのも楽しい。
1度で2度美味しい~っていいなぁ。
そして、渡っていった先でも、なんらかの波が広がっていくような・・・
うん。楽しい~♪

今回描かせてもらったのは、ピアノの発表会のプログラム用イラスト。

子供たちが日ごろ練習しているピアノを、みんなに聞いてもらう機会。
子供たちも先生も、ピアノを通して自分と向き合って
発表会のその日まで、一生懸命葛藤をする。

仕上がりの間に合わない子、思いがけない飛躍的な成長を見せる子、
当日になって動けなくなっちゃう子。
いろんな子がいて、いろんな結果があって、
でもそれが全部それでOK。
様々な形で、様々な成長の一段階となって、未来に影響を与える。

先生たちは温かく、優しく、時に厳しく、
家族とともに子供たちを見守って、
それぞれの花を咲かせるのを楽しみに待ってくれる。

「プログラムを渡してから、発表会まで2週間。
 子供たちが家で見て、ワクワクになるような表紙に・・・」

オーダーをくださったピアノの先生方の思いが、
なんだかとても優しく、温かいと思いました。


ちゃんとしたホールで行われる発表会。

子供たちにとってはドッキドキの、ものすごい緊張する機会になるんだろうなぁ。


緊張の中でも楽しめる心が、少しでも増えますように☆
[PR]
by lyricomaju | 2010-06-04 16:00 | イラスト&photo
<< 自分の時間 親子遠足 >>